夏の遊び場で揉める

夏の遊び場で揉める

先日お友達のおたくに遊びに行かせていただきました。夏休み中であったので、日中の外遊びはだいたい難しいです。炎天下なので公園は熱中症の危険がありますし、公園内の噴水での水遊びなども毎日では嫌気がさしてしまいます。うちは活発で元気印だけといった兄弟なのですが、さすがに毎日同じ遊びをしろと言われると退屈になってしまうようです。

うちはまだ兄弟がいるから2人で喧嘩をしながらも一緒に遊べるから良いのですが、これが一人っ子だったら本当に夏休みはお母さんにとって大変だろうなといつも思っています。実際にお友達のお母さんなどは、子供の夏休みに入ってからは顔中に吹き出物ができてしまったと言っていました。完全に子供が自宅にいるストレスだと言っています。

そんなことで、結局夏の暑さに負けてお宅にお邪魔して室内でしばらく遊ばせてもらうことにしました。おうちの中に総勢6人もの子供がいると結構熱気がむんむんしてきますが、なんとかなだめながらボードゲーム等大人しく遊べるような遊びへ誘導して遊ばせました。

夕方になってきたころ、少しは外で遊ばせましょうと言うことで、近所の公園へ移動することにしました。近所には2つの公園があり、子供たちにどちらの公園へ行きたいか聞いてみました。すると、はっきりと3対3で意見が割れてしまったのです。どちらかに説得しようとしたのですが、どちらも譲らないで、女の子がいきなり泣き出すというハプニングもおきました。女の子の涙には男の子も弱いかなと思いきや、男の子たちは余計に頑として意見を崩さず、怒りだしてしまいました。結局長時間もめた後にお母さんに説得された女の子が納得して、一方の公園へ遊びに行くことにしました。

公園についてしまえばもうどちらの公園がいいなんてもめたことなど関係ありません。みんな裸足になって周り中をかけまわって遊びほうけて、すぐに時間がたってしまいました。親から見ても室内で遊んでいる時より、圧倒的に時間がたつのが早いと感じました。

子供はやはり外が一番なんだな。最近の気候は異常だし、これからの子供たちは可愛そうだなと感じたのでした。

VWゴルフ日産エルグランド

次男と向き合う時間

いつもお兄ちゃんといっしょに遊んでいる二歳なった次男の話です。久しぶりにお兄ちゃんとお父さんで一緒に外出をしてしまった休日。 2人ですることがなくて、家の中で暑いから過ごしていたのですが、とうとう遊びのネタが切れてきてしまって退屈し始めました。

いったい何をして遊んであげればいいのか、私も暑さのためか頭があまり回りませんでした。すると息子は自分で棚の中を漁りに行って、絵本を数冊私の所に持ってきました。ママ、これ読んでよ~と言いました。

私は、息子にこう言われて気づいたことがありました。そういえば、この次男に対して、ゆっくりと膝と膝を付き合わせて絵本を読んであげたことが何回くらいあるのだろうかと。

いつもお兄ちゃんに遊び相手を任せてしまい、本なんて実はろくに読んだこともなかったのではないかと思いました。次男には本当に申し訳ない気持ちになりました。思い当たる節がたくさんあります。二歳になった今でも、ウサギのお人形見てカエルだと言いはったり、喋る言葉の発達度合いはとても早いのですが、細かい単語などは普通の子よりも間違えているような気がしました。私や家族がきちんと教えていないことが原因だと思われます。

もしこのような状態のまま、幼稚園に行ってしまったら恥をかくのはこの子自身だと思いました。初めてのお子さんなどがとてもきちっとして教育されているので、そういう子供と比べてしまうと、手を抜いて育てられたと思わざるをえないかもしれません。これはまずいなと思って焦ってたくさんその日は本を読んであげました。するととても興味深そうに聞きっているではありませんか。こんなに集中してくれるのならばもっと早くから読んであげるんだったとまたまた反省。

お兄ちゃんが居ることのメリットはとても大きいと思いますが、デメリットの方も少しは注目をしながら育てていってあげないといけないなと感じました。

それにしても、うさぎのことをカエルと言ったので、優しく訂正してあげたら、絶対にカエルだと言いはって納得してくれないのが困りものです。次男特有の頑固者なのかもしれません。